住の大切さ

大阪でタワーマンション住みたいなら~レオンワークス~
学生マンションをお探しなら:学生賃貸ナビ

上京をしよう、と考えたとき、衣食住で何が一番困るかというと圧倒的に住です。上京というからには今までに生活したことがない地域に単身乗り込むということですから、当然ながら土地勘もないわけです。そうなってくると、不動産の契約だけでも一苦労ということになりますね。
衣食住を考えると、服に関しては今まで使っていたものはあればいいわけですし、食に関しても自炊であれば全く問題がない上外食や出来合いのものを買ってくるにしてもそう変わるものでもありません。つまり、衣食住の中では住だけが唯一未知数のものなわけですね。
そんな事情もあって、住はもっとも困る問題であり、同時に最も重要なファクターでもあるわけです。

住む場所を探す場合、それがマンションやアパートといったものなのか一軒家なのかということは重要な問題です。ですが、一人暮らしということであればまず一軒家は候補から外れるでしょう。
マンションの中にはマンスリーマンションのように契約が簡単であったり最初から家具や家電がある程度ついていたりするものもありますし、アパートであれば設備にこだわらなければ家賃が安いものも見つかるでしょう。
特にマンスリーマンションは中々人気が高いようで、契約者数も増えてきているみたいですね。こういったものは上京をしたり出張で短期で利用したりする場合には最適なものです。

さて、さきほど一軒家は選択肢から除外されるという話はしましたけど、実はそれは真実ではありません。一軒家であっても、ある条件の元であれば活用することができます。それが、シェアハウスというシステムです。
シェアハウスはルームシェアの一軒家版で、要はひとつの家に複数人で住みましょうというものです。もちろん一緒に住む人は友達でも恋人でも家族でもない他人です。これは人によってかなり評価が変わってくる制度なんですけど、うまく利用することができれば生活レベルが格段にあがります。
元から家具や家電はある程度設置されていますし、他の住人たちとのコミュニケーションが上手くいけば生活そのものが楽しくなるでしょう。もしそういう気がないとしても部屋には鍵がかかる仕様になっているのでアパート感覚で利用することもできます。
とはいえ、シェアハウスの醍醐味は赤の他人との交流であると思います。実際に僕もシェアハウスを経験したんですけど、あれは慣れればかなり面白いシステムだと思いますよ。

慣れるまでは確かに大変な部分もありますし、根本的に受け入れることができないという場合もあると思います。でも、根本的に受け入れられないというのでないならば、一度体験をしてみるというのも面白いものだと思いますよ。

マンスリーマンションを大阪でかりるなら【長栄】
浜松の賃貸アパートをお探しなら:アパ浜

アーカイブ

カテゴリー